Skip to content

早めの修理を

バッグの中でも一番早く壊れてしまう過度のパイピングを、擦り切れたり剥がれかかったまま放置して居ると当然いずれ他の部分も壊れてしまいます。特にパイピングは装飾という意味の他にも補強という意味でも施されている物ですので、早めに修理しないと他の部分への影響が大きい部位でもあります。
ですので、なるべく早めに修理に出すのが良いでしょう。パイピングの修理は部分的な補修と、全体的な交換が可能なので、バッグの修理に出すときはまだ一部しか壊れてないしとしり込みせずにこまめに修理していった方が結果的に長く使うことが出来ます。修理のタイミングは破損が目立って来たら修理に出すと言った、完全に壊れる前が良いでしょう。

また、パイピングの補修は素人の方でもできる方法があるようですが、手間と技術が必要になってきますので、中途半端な仕上がりになってしまう事も考えられます。また、しっかり直そうと思うと専門的な器具が必要になるので、それでは自力で直す必要性があまりありません。折角のお気に入りのバッグが中途半端な物になってしまうのは勿体ない事です。専門業者に依頼すればそうしたこともなく、しっかりとした仕上がりになりますので自分で修理・補修するよりも壊れにくい状態で綺麗に仕上げてくれるでしょう。