Skip to content

カテゴリー: 未分類

専門店に依頼する理由

バッグは外出時など必ずといっていいほど持ち出され、角や縁周りは傷んでいきます。ある程度傷まないように気を付けて使ったとしても少しずつ劣化していく事は避けられませんし、それは比較的頑丈に作られている高価な物でも違いはありません。かと言って使わないで保存しておくのではバッグを持っている意味がありません。ですので、バッグの修理は長く使っていく上で避けては通れない道なのです。

大切に長く使われてきたバッグの中には親から子へ受け継がれてきた大切な物というのもあるため、修理する際には専門店に依頼するのが一番です。プロの職人でしたら違和感のない同色の生地で綺麗に仕上げてくれますし、つなぎ目が雑にならないような特殊な加工も施してくれるので素人が自分で修理するよりも綺麗に補修できます。仕上がりが丁寧な修理品はまた長く使っていく事が出来るでしょう。
パイピング部分の修理のついでにバッグ全体のメンテナンスを依頼すれば自分では気づいていなかった点にも気づいて修理してくれる事でしょう。何よりも皮などの扱いに長けている専門店の職人に任せれば安心感が違いますし、修理する事でまた美しく生まれ変わったお気に入りのバッグが手元にあれば出かけるのも楽しくなってくるのではないでしょうか。


推奨HP→バッグ修理サービス「靴専科」
バッグ・靴の修理を行っている業者です。

早めの修理を

バッグの中でも一番早く壊れてしまう過度のパイピングを、擦り切れたり剥がれかかったまま放置して居ると当然いずれ他の部分も壊れてしまいます。特にパイピングは装飾という意味の他にも補強という意味でも施されている物ですので、早めに修理しないと他の部分への影響が大きい部位でもあります。
ですので、なるべく早めに修理に出すのが良いでしょう。パイピングの修理は部分的な補修と、全体的な交換が可能なので、バッグの修理に出すときはまだ一部しか壊れてないしとしり込みせずにこまめに修理していった方が結果的に長く使うことが出来ます。修理のタイミングは破損が目立って来たら修理に出すと言った、完全に壊れる前が良いでしょう。

また、パイピングの補修は素人の方でもできる方法があるようですが、手間と技術が必要になってきますので、中途半端な仕上がりになってしまう事も考えられます。また、しっかり直そうと思うと専門的な器具が必要になるので、それでは自力で直す必要性があまりありません。折角のお気に入りのバッグが中途半端な物になってしまうのは勿体ない事です。専門業者に依頼すればそうしたこともなく、しっかりとした仕上がりになりますので自分で修理・補修するよりも壊れにくい状態で綺麗に仕上げてくれるでしょう。

専門家のバッグ修理

お気に入りのバッグは誰もが一つは持っているでしょう。デザインが気に入っている物や、大切な思い出の詰まっている物など理由は人それぞれですが、お気に入りの品に対する思いは皆さん一緒の筈です。長く使ていきたい、というそうした思いと裏腹に使えば使うだけ少しづつ擦り切れていったり、どこかが破れてしまったりと少しずつ劣化していってしまいます。特にお気に入りの物は他の物よりも多く使いたいと思う場面があるのですから、その劣化も早くなってしまうでしょう。

バッグの内でも最も壊れやすいと言われているのパイピング部分になります。パイピングとは裁縫用語で裁縫に興味の無い方ではあまり耳にした事の無い単語かと思います。衣服の袖口や、クッションの縁、バッグの縁周りに縫い合わされている物で、バイアステープという物を二つ折りにして縫い目に被せて縫い合わせていきます。縫い代部分を補強する事を目的として行われるものですが、バッグのように日常的に持ち歩いたり、上げ降ろしたりといった動きの激しい物ですと傷んでしまい、ほつれたり色あせてしまうという事が起こりがちです。特にバッグですと角の部分のパイピングが劣化しやすく注意が必要です。

このサイトではそんなバッグのパイピング部分の修理について説明します。パイピングは傷みやすく、壊れやすい部分ですので、お気に入りの品を長く使うためにも専門家に依頼して綺麗にバッグ修理をしてもらう事がベストといえるでしょう。